ブログ
BLOG

ストレッチポールによる首の痛み・肩こり・肩甲骨のケア(小胸筋編)

首・肩・肩甲骨まわりを治療される患者さまに
効果をキープいただくためストレッチポールを使用した
セルフケアをお勧めしております。

小胸筋は、大胸筋の深層に位置し、肩こりや神経症状に影響を及ぼす筋肉となります。
筋緊張により肩甲骨を前方に傾斜させるため
ストレッチポールを使用したケアは大変効果的です。

 

①まず、ストレッチポールに立膝で座ります。
 座る位置をポールの端にして、頭までポールの上に収めます。
 手で身体を支えながら、ゆっくり仰向けに寝転びます。

②手の平を上に向けて、肘を曲げて手を広げます。

③さらに腕を広げていき小胸筋の伸びを感じたら
 3分~10分ほどキープします。

 

肩を上げ過ぎたり、肘が床から離れ過ぎるとオーバーストレッチです。
少し物足りない程度をお勧めします。

全身を脱力しながらリラックスできる
とても気持ちのいいセルフケアで方法です。

ページの先頭へ戻る

ご予約不要