ブログ
BLOG

足底腱膜炎・足底筋膜炎(足の裏・踵の痛み)

ジョギングやダンス、長時間の立ち仕事などで足底の腱膜に
負担の加わる動作が過度に繰り返され、炎症が生じる疾患です。

 

足底の腱膜は足指から踵の骨までアーチ状に張られる強靭なもので
体重を支え、地面と足部の衝撃を和らげる役割があります。

 

足底の筋力低下も要因のひとつですが
足底の腱膜が骨との付着部で炎症が起こると腱膜が固くなって伸縮しなくなるため
無理に引き伸ばされると微細な断裂が起こって、周辺に痛みを感じます。

 

症状の特徴は、起床時の歩き出しで痛みが生じますが、
しばらく経つと痛みは消失します。

 

症状が悪化したケースでは、踵全体が固くなり、痛みが出るようになります。

当院の治療は、固くなった筋膜・腱の付着部と下腿をゆるめていきます。
併せてリハビリ指導と、症状により鍼治療も行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

ご予約不要