ブログ
BLOG

変形性股関節症

股関節まわりの軟骨が徐々に擦り減ることで
関節を形成する骨が変形し痛みを生じます。

 

原因は、先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などの治療歴や
ケガの後遺症、加齢や体重増加による負担などで変形が生じます。

 

中高年の女性に多いとされ、歩行や立ち上がりの際の痛みから
腰痛、殿部から大腿部まで痛みを感じます。
進行すると、筋力低下による日常生活への支障をきたします。

 

症状の進行は比較的緩慢なため、関節に無理な荷重をかけない運動を続け
マッサージと鍼治療、さらに関節周囲の組織の癒着をリリースすることで
関節の可動域を改善維持し、痛みをコントロールすることが可能です。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

ご予約不要