ブログ
BLOG

母指CM関節症(親指の変形性関節症による痛み)

CM関節症とは、物をつまむ、ビンのふたを開ける、ハサミを使う等
母指(親指)に力がかかる動作で、母指の付け根の関節周囲に
炎症と腫れ、痛みを生じます。

 

加齢による変形性関節疾患のため更年期以降の女性に多く
滑膜に炎症と腫れが起こり、関節軟骨がすり減ることで関節包が緩み
関節のかみ合わせが悪くなって亜脱臼と安定性を失います。

 

症状が悪化すると、母指内転筋の拘縮とMP関節の過伸展が起こり
手を使う日常動作に支障をきたしていきます。

 

治療としては、前腕の筋肉を緩めて母指の動きを軽くし
母指球筋(上図参照)や関節周囲のこわばりを除いていくことで
痛みを抑え、可動域が広がって力が入りやすくなります。

 

早めに治療を進めることで、痛みを鎮め
症状の悪化を抑えることが可能になります。

 

参考文献
「オーチスのキネシオロジー・身体運動の力学と病態力学 2版」

ページの先頭へ戻る

ご予約不要