ブログ
BLOG

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘とは、上腕骨外側上顆炎といわれ、手首を手の甲側に反らす動作など、肘の外側につく前腕の筋肉(腱)が繰り返 し使われることで生じる炎症疾患です。

テニスのプレーだけでなくタオルを絞る、フタを開ける、フライパンを振るなどの日常動作でも痛みを感じることがあります。

 

病因としては、短橈側手根伸筋腱起始部の微小断裂や、筋肉と靭帯の連結による双方の牽引ストレス、腱や軟部組織の変化 など、要因が複数あるといわれ、肩関節の可動域制限も併発しているとされます。

 

当院では、組織間リリースによる肘関節周囲の癒着を改善し、前腕の筋肉の柔軟性を取り戻して痛みを押さえていきます。
また、鍼治療は、肘関節や前腕の筋肉、炎症症状に有効的な治療となります。

ページの先頭へ戻る

ご予約不要