ブログ
BLOG

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、
首から肩の筋肉緊張による神経圧迫で、首から手に、痛みやシビレが起こる症状を示します。

 

肩が前に巻いた不良姿勢によって胸郭が狭くなり、
首から腕までの神経や動脈・静脈が、圧迫・牽引される状態で、
肩こりの延長でも起こるといわれています。

 

神経や血管が、圧迫・牽引を受ける部位は、鎖骨と第1肋骨との間にあるすき間で、
以下の3ヶ所となります。

●斜角筋三角部(前斜角筋と中斜角筋第1肋骨で形成されています)
●肋鎖間隙部鎖骨(第1肋骨と鎖骨下筋で形成されています)
●小胸筋間隙部(小胸筋と胸郭部で形成されています)

 

当院では、胸郭を狭くする筋肉を緩めて正常姿勢に戻すことを優先し、
痛みの原因となる筋肉にもアプローチすることで改善が期待できます。
マッサージだけでなく、鍼治療も加えることで有効となります。

 

参考文献
「肩関節拘縮の評価と運動療法」
運動と医学の出版社 2019年
監修 林典雄 
執筆 赤羽根良和

ページの先頭へ戻る

ご予約不要